フロスと歯間ブラシ

皆さんこんにちは、鎌ケ谷市のあおぞら歯科クリニックDHのIです。

今回はフロスと歯間ブラシの違いについてお話したいと思います!

まず、皆さんは歯ブラシの他にフロスまたは歯間ブラシを使用していますか?

歯ブラシでは除去することのできない歯と歯の間をお掃除するうえでとても重要なアイテムなので使用してない方は

是非使用してみてくださいね♪

歯間ブラシは歯間が広く隙間のある方、ブリッジをしている方に向いています。

ブラシの太さは様々な種類があるのでご自身の歯間の広さに合ったブラシを使用してくださいね♪

またブリッジのような被せ物が繋がっている歯は上からフロスを通すことが出来ないため

横から挿入する歯間ブラシが適しています!

一方フロスは歯間ブラシの入りにくい隙間の狭い方に向いています。

フロスにも種類があり持ち手が付いているホルダータイプとフロス自体を指に巻いて使用するロールタイプがあります。

持ち手が付いているホルダータイプの方が使用が楽ですがフロスを入れて外す際に上からでしか

外せないので被せものや詰め物が入っている歯などに使用すると引っかかって外しずらかったりします。

もう一方のロールタイプは持ち手が付いていないので入れた後に上からでも横からでも抜くことができます!

被せものや詰め物が入っている方などはロールタイプをオススメします!

 

フロスや歯間ブラシを使い始めた頃は歯肉に炎症が起こっていると出血する場合があります。

そこで出血したから使用をやめずに暫く続けて見てください!

出血が続く場合や痛みが出る場合は歯科医院にご相談ください。