予防によって健康な
歯を保ちましょう

近年、虫歯や歯周病を予防することの大切さが盛んに叫ばれるようになってきました。しかし、予防において
重要なのが歯科医院で受けるプロケアであることについて、皆さんはどれくらい実感していらっしゃるのでしょうか。
ただ漫然と日々のセルフケアを続けているだけでは、虫歯や歯周病を完全に予防することはできません。
双方を同時に行ってこそ効果を発揮します。歯科医院の役割は「治療」のために通う所というイメージが強かった
はずです。しかし、これからは「予防」のために通う所だと考え方を変えてみましょう。千葉県鎌ヶ谷市の歯医者
「あおぞら歯科クリニック 鎌ヶ谷院」では、患者様の将来の健康を見据え、予防を重視した歯科診療をご提供しています。

海外と日本の

歯科先進国であるスウェーデン、アメリカ、イギリスでは、歯科医院での定期検診はすでに生活の一部となっているそうです。いずれの国も70%以上の方が歯科医院でのメインテナンスを受けています。
一方、日本でメインテナンスのために定期検診を受けているという方は、全体のたった2%です。この結果は、70歳時点での平均残存歯数の違いとして現れます。このグラフのように諸外国では70歳時点で最低でも15本は歯が残っているのに対し、日本ではたった8本しか歯が残っていないのです。

定期健診に対する海外と
日本の意識の違い

スウェーデン90%、アメリカ80%、イギリス70%、日本2%

上記の表の通り、欧米の歯科先進国に比べて日本人は定期検診を受ける割合が非常に少ないと言えます。逆に欧米人は、虫歯や歯周病予防のために積極的に歯医者へ通うことが当たり前となっていることが分かります。

80歳の残存歯数(平均)

スウェーデン
20本
アメリカ
17本
イギリス
15本
日本
8本

歯科医院への通院は、時間もお金もかかると思われがちです。たしかに時間や費用もかかりますが、一度にお口のトラブルが発生するとなし崩し的に悪い箇所が見つかるケースもよくあります。そうなると多額の治療費も必要になり、通院も何度もしなくてはならなくなります。なによりお口へのダメージが大きくなるので、定期的にメインテナンスを続けることでそうした不安を払しょくしましょう。ダメージに至る前に未然に防ぐことで、お口の健康を保つうえではかなりメリットがあると言えます。