きれいな歯並びで口元に
自信をつけるために

ご自身の歯並びを気にされたことはありますか?見た目をどうしても気にしがちだとは思いますが、
歯並びや咬み合わせの乱れは体全体においても悪影響を及ぼすことが指摘されています。
乱れた歯並びや咬み合わせを正す治療が矯正治療です。矯正治療は子供や若い人がするものだという
イメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実際はそうではありません。
年齢制限などはなく、いくつになっても治療効果が見込めます。歯並び・咬み合わせの改善をお考えの場合は、
千葉県鎌ヶ谷市の歯医者「あおぞら歯科クリニック」までご相談ください。

当院のについて

当院では、子供から大人まで年齢を問わず矯正治療を必要とされている方のお手伝いをさせていただきます。近年は成人矯正を希望される方も増えてきていますので、「この年で矯正なんて」とお考えの方もぜひご来院ください。当院に在籍する矯正専門の担当医が、治療させていただきます。ご相談は無料ですので、歯並びを気にしている方や矯正治療に関心がある方は、お気軽にお問い合わせください。

treatment

当院の治療方法

乳児期にもできる受け口改善

上の前歯よりも下の前歯が前に出ている「受け口」は、乳歯期の段階で矯正が可能です。透明なマウスピース型矯正装置「ムーシールド」を、就寝時に口に装着してもらいます。3~6歳からと早い時期から取り組むことができ、1年以内に約90%の子供に改善の成果が見られます。個人差はありますが、早ければ1~6ヶ月で効果が出るお子さんもいます。

子供の歯の矯正について

発育途中の子供の歯は、乳歯から永久歯へと生え替わる時期をうまく活用し、将来のよい歯並びを目指した治療が可能となります。食事でしっかり咬めるようになれば、栄養吸収も改善するはずであり、発音・発生に差し障りがある場合はそれも改善が見込めます。
お口の状態や年齢にもよりますが、子供の矯正治療では何より治療開始のタイミングが重要です。最適な時期を見計らうためにも、歯並びが気になった段階で、できるだけ早めにご相談ください。

咬合誘導とは

咬合誘導とは、乳歯列期と混合歯列期(永久歯への生え替わり時期)に行われる治療です。顎や骨格など全身が大きく成長する際の力を活用し、顎に歯がきちんと並べられるスペースを確保します。上下の顎の骨の位置もコントロールできることは、この時期ならではのメリットです。将来、本格的に矯正治療が必要になったとき、咬合誘導をした成果が残っていれば、抜歯する必要性がなくなるケースもあります。

大人の矯正治療

大人になっても矯正治療を諦める必要はありません。ずっと歯並びや咬み合わせの悪さを気にしながら生活することは、機能面の不具合もあるでしょうが、衛生面のうえでも大きな負担となっています。
体の成長が終わった成人矯正のメリットは、子供の矯正治療と比較して、ゴールをしっかり設定しやすく、移動の予測が立てやすいという点があります。また、ご自身の強い意思で始められる方が多いため、治療計画通りに進められるのも大きく影響してきます。デンタルケアもご自身で身に付けられる方が多く、将来の虫歯や歯周病予防にも効果が見られます。

あおぞら歯科クリニックの
取り扱い

当院では以下2つの矯正装置を取り扱っております。

  • マルチブラケット方式
  • インビザライン方式

当院では、マルチブラケット方式を採用した矯正装置をおすすめしています。マルチブラケット方式とは、一般にもっとも普及している矯正装置で、歯の表面にブラケットと呼ばれる部品を取り付け、そこへワイヤーを通して歯を移動させる方法です。長年にわたり使用されているため実績が多く、あらゆる症例で高い治療効果が見込める方法です。特にセラミックブラケットは目立ちにくいというメリットがあるため、前歯の治療でお勧めしています。

メタルブラケット

セラミックブラケット

インビザライン

概要 もっとも普及している金属の装置 ブラケット部分が白い
セラミックの装置
マウスピース型装置
メリット
  • あらゆる症例に対応可能
  • 治療効果が高い
  • 普及しているため比較的安価
  • 部品が白く目立ちにくい
  • あらゆる症例に対応可能
  • 治療効果が高い
  • 矯正治療中でも目立ちにくい
  • 取り外し可能なためお口の中を清潔に保つことができる
  • 予測実現性に優れている
デメリット
  • 金属が目立ちやすい
  • 治療効果が高い
  • 強度が多少劣る
  • まれに割れるケースがある
  • お口の状況によってはできないことがある
  • 1日22時間以上マウスピースを装着しないといけない
  • 費用・期間がワイヤー矯正よりかかることが多い

当院では、前歯~見えるところまでをセラミックブラケットを使用することが多い為、矯正中も他の方に目立つことなく矯正治療を行っております。

料金

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)全体矯正 800,000円~900,000円 (税抜)
ブラケット矯正(ワイヤー矯正)
部分矯正(MTM)
450,000円~600,000円 (税抜)
インビザライン 全体矯正 1,000,000円~1,200,000円 (税抜)

当院のについて

インビザラインとは

インビザラインは自由に取り外すことができる、透明なマウスピース型の矯正装置です。世界中で約140万人の方がインビザラインによる矯正治療を受けており、矯正装置を付けても透明なため目立ちにくいことから、インビザラインでの矯正治療を希望される患者様が多くなっております。患者様の治療に合わせて少しづつ矯正を行っていく治療法になり、マウスピースは二週間ごとに新しいものに取り換えます。

point

インビザラインを
選ぶ5つのポイント

  • 01矯正中でも目立ちにくい

    インビザラインは矯正装置を付けていることをほとんど気づかれることがない、透明な素材でできています。

  • 02矯正装置を清潔に保てる

    インビザラインは取り外し可能なので、ブラッシングやフロスを使うなどして衛生状態を保つことができます。

  • 03食事の時に取り外せる

    インビザラインは簡単に取り外せるため、矯正中でも食事を自由に楽しむことができます。

  • 04ストレスなく
    矯正ができる

    インビザラインは矯正装置を付けていることをほとんど気づかれることがない、透明な素材でできています。

  • 05金属アレルギーの方も
    使用できる

    インビザラインは取り外し可能なので、ブラッシングやフロスを使うなどして衛生状態を保つことができます。

インビザラインと
マウスピース矯正の違い

インビザラインはコンピューターが歯型の正確なデジタルデータを導き出し、そのデータを元に医師が経験値によって治療計画を立てていく矯正治療です。一般的なマウスピース矯正が歯科技工士の経験値のみを元に矯正予測を行うのと比較して、データと経験値を組み合わせたより的確な治療計画を可能とします。

こんな方におすすめです

  • 周りの目を気にすることなく矯正治療をしたい方
  • 治療中でもお食事を快適にしたい方
  • 金属アレルギーのため矯正をあきらめていた諦めていた方
  • 矯正装置を清潔に保ちたい方