ホワイトニングで口元の
明るさを取り戻しませんか?

保険診療で行われる虫歯治療は、奥歯には銀色の金属が使用され、前歯には白い歯科用プラスチック(レジン)が
使われるケースがほとんどです。しかし、これらの歯科技工物は最低限の強度や安全性を確保してはいますが、
見た目についてはさほど考慮されていません。特に、銀歯は白い歯列の中でとても目立つ存在です。
銀歯が気になる方には、セラミック製の白い素材に取り替える審美治療をおすすめします。
千葉県鎌ヶ谷市の歯医者「あおぞら歯科クリニック 鎌ヶ谷院」では、
銀歯や歯の見た目を改善するためのご提案ができます。
治療時には見た目のよさはもちろん、機能性を高めるよう咬み合わせにも配慮した処置を行います。
人工歯の見た目を気にしている方は、一度お気軽にご相談ください。
また、天然の歯の黄ばみが気になっている方は、ホワイトニングがおすすめです。

意外と知らない?

銀歯と呼ばれる素材は、ほとんどのケースで金銀パラジウム合金をもとにした金属です。保険が適用されているため安全性や強度は水準をクリアしているものの、最低限のものである場合が多く、経年劣化を引き起こすことがあります。銀歯を使い続けると見た目の悪さだけでなく、次のようなデメリットがあります。

demerit銀歯のデメリット

経年劣化で金属がイオン化し、溶け出しが起こります。この溶け出した金属イオンは歯ぐきに沈着し、黒ずみの原因となることがあります。また溶け出した金属イオンが血中に取り込まれることで、金属アレルギーを引き起こすケースも。
金属アレルギーは遅延性アレルギーなので原因不明の肌荒れ、かぶれ、だるさなどが続く場合は一度金属アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

の取り扱い素材

銀歯のデメリットを解消するために、当院がおすすめするのがセラミックを使った白い歯科用素材です。見た目の美しさはもちろん、強度もあるので長持ちします。患者様ごとに最適な素材を検討してご提案しますので、銀歯の替わりになる素材にご興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

大きい被せ物(クラウン)

  • オールセラミック(クラウン:深い虫歯の被せ物)

    素材のすべてがセラミック(陶材)でできている歯科技工物です。

    前歯 105,000円(税抜)

    奥歯 110,000円(税抜)

    メリット

    • 透明感のある白さで美しい
    • 周囲の歯の色に色調を合わせられる
    • 強度が高い
    • 金属不使用

    デメリット

    • 硬い素材で、使用場所によっては咬み合う歯を傷つけたり、割れたりすることがある
    • 保険治療に比べて高価
  • ジルコニア(クラウン:深い虫歯の被せ物)

    人工ダイヤモンドとも呼ばれる、強度の高いセラミック素材の一種。

    ステイニングあり 95,000円(税抜)

    ステイニングなし 85,000円(税抜)

    ※前歯も同じ値段です

    メリット

    • 透明感のある白さで美しい
    • 周囲の歯の色に色調を合わせられる
    • かかる力を分散できる構造のため、奥歯にも使用可能
    • 金属不使用
    • 汚れがつきにくいため、虫歯・歯周病になりにくい
    • 前歯におすすめ

    デメリット

    • 歯を削る量が多くなりがち
    • 保険治療に比べて高価
  • メタルボンド(クラウン:深い虫歯の被せ物)

    被せ物のひとつで、内側に金属を使用し、周辺にセラミックを焼き付けた素材。

    95,000円(税抜)

    85,000円(税抜)

    ※前歯も同じ値段です

    メリット

    • 強度があり奥歯にもできる
    • 変色の心配がない
    • 比較的安価に白い歯にできる
    • ブリッジの際に使用

    デメリット

    • 透明感の点で若干審美性がよくない
    • 金属使用しているためアレルギーに注意
    • 歯肉に変色が起こる可能性もある

小さい詰め物(インレー)

  • ジルコニアセラミック(インレー:小さい虫歯の詰め物)

    人工ダイヤモンドの素材にも使用されるジルコニアによる詰め物です。
    自然で美しい白さを持つなど審美性はもちろん、耐久性にも優れている点が特徴です。

    50,000円(税抜)

    ※前歯も同じ値段です

    メリット

    • 透明感のある白さで美しい
    • 天然歯と見分けがつかない
    • 周囲の歯の色に色調を合わせられる
    • 変色の心配がなく長期間美しさを保てる
    • 金属不使用
    • 汚れがつきにくいため、虫歯・歯周病になりにくい
    • 奥歯におすすめ

    デメリット

    • 硬い素材で、使用場所によっては咬み合う歯を傷つけたり、割れたりすることがある
    • 保険治療に比べて高価
  • ハイブリッドセラミック(インレー:小さい虫歯の被せ物)

    セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜたハイブリッドな素材の詰め物。
    セラミックの審美性とレジンの柔軟性という2つの長所を兼ね備えています。

    40,000円(税抜)

    ※前歯も同じ値段です

    メリット

    • 審美性と柔軟性の両方を持ち合わせている
    • 天然歯に近い色調と美しさがある
    • 比較的値段が安い
    • 金属不使用

    デメリット

    • 時間の経過と共に変色することがある
    • セラミックよりも色調が多少劣る
  • ダイレクトボンディング(インレー:小さい虫歯の被せ物)

    セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜたハイブリッドな素材の詰め物。
    セラミックの審美性とレジンの柔軟性という2つの長所を兼ね備えています。

    30,000円(隣接面含まない)(税抜)

    35,000円(隣接面含む)(税抜)

    ※前歯も同じ値段です

    メリット

    • 1回で治療が終わる
    • 費用が安価に白くできる
    • 色調を合わせることができる

    デメリット

    • 小さい虫歯にしか適用できない
    • 強度がセラミックに劣る
    • 変色することがある

歯の黄ばみは
白くしましょう

黄ばんだ歯が与える印象を意識したことはありますか?人の歯は日々の飲食や生活の中で次第に黄ばみを帯びてくるものです。また、もともと日本人の歯は象牙質が黄色味を帯びているのに加え、年々エナメル質が薄くなることで、黄色が透けてみえてくるのです。さらに、コーヒーや紅茶、赤ワインやカレー、喫煙といった嗜好品の色素が歯に着色汚れをもたらします。
こういった黄ばみがある歯と白い歯を写真で比べてみると、明らかに白い歯の方が健康的で若々しい印象を与えます。天然歯の黄ばみについてお悩みでしたら、薬剤を使って歯を内側から白くするホワイトニングがおすすめです。就職活動や結婚式など、「人生の大切な節目を白い歯で迎えたい」という方からのニーズも増えてきている施術です。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で受けられる「オフィスホワイトニング」と、自分で好きなときに取り組める「ホームホワイトニング」の2種類があります。どちらも特徴やメリット・デメリットがあるので、ご自身のライフスタイルに合ったものをお選びください。

  • オフィスホワイトニング
    ~簡単・おまかせ・スピーディ~

    歯科医院で専門家の手によって施術してもらうホワイトニングです。高濃度の薬剤を使い、特殊な光を照射することで歯を白くしていきます。早ければその日のうちに希望する白さが手に入ることもありますが、数回通院が必要なケースもあります。また、歯の色の後戻り(再着色)が起こりやすいので注意が必要です。

    歯1本
    3,000円 (税抜)
    (例:上下前歯12本で24,000円)
  • ホームホワイトニング~じっくり・
    しっかり・安定した白さ~

    オフィスホワイトニングに対し、ご自宅で自分で取り組めるのがホームホワイトニングです。歯型を採取したら、専用のマウスピースを作成します。そこへ低濃度の薬剤を注入し、歯に装着して一定時間待ちます。これを2~4週間根気よく続けることで、歯に薬剤を浸透させて歯を白くしていきます。自分でケアしながらの施術となりますので、時間や手間はかかりますが、じっくり取り組むことで後戻りの少ない白さが手に入りやすいのが特徴です。
    またトレーを保管していただければ、またホワイトニングをしたいときに薬剤(3,000円/本 税別)を購入いただければ、すぐに白くすることができるため、長く白く保つことを考えると、とても経済的なのでおすすめです。

    前歯のみのコース(薬剤2本)
    20,000円 (税抜)
    奥歯までのコース(薬剤4本)
    25,000円 (税抜)
    追加薬剤
    3,000円/本 (税抜)
  • デュアルホワイトニング
    (オフィスホワイトニング+
    ホームホワイトニング)

    現状よりしっかり白くしたい方におすすめです。後戻りも少なく、長く白く保ちたい方におすすめのコースです。

    前歯のみのコース(薬剤2本)
    36,000円 (税抜)
    奥歯までのコース(薬剤4本)
    48,000円 (税抜)